JR東日本水戸支社、「ひたち号」50周年を記念し、特別列車の運転や記念入場券の販売を実施!

34

JR東日本水戸支社は、常磐線「ひたち」の50周年を記念し、2013年10月13日に「ひたち50周年記念号」を運行すると発表しました。

「ひたち50周年記念号」は、いわき駅を午前9時22分に出発し、上野駅に午後0時22分に到着。復路は上野駅を午後5時3分に出発し、いわき駅に午後7時48分に到着を予定している。途中停車駅は、湯本駅・泉駅・高萩駅・日立駅・常陸多賀駅・勝田駅・水戸駅。車両は、往路は国鉄色の485系、復路はE653系を使用します。

いわき駅で駅長による出発合図を行うほか 、NRE(日本レストランエンタープライズ)鉄道グッズの車内販売 、国鉄時代の復刻版制服を着用した社員による記念トレーディングカードの車内配布、日本食堂時代の車内販売員の復刻版制服を着用した社員によるおにぎり弁当の車内配布、常磐線検定試験の実施が予定されている。

旅行代金は、8,800円となっており、水戸駅~上野駅間往復、おにぎり弁当、記念トレーディングカードがセットになっている。9月2日より、びゅうプラザ土浦駅・びゅうプラザ水戸駅・びゅうプラザ日立駅・びゅうプラザいわき駅・ びゅうプラザ下館駅・常陸大子駅・びゅう予約センター水戸で受付を開始。

また、同日午前9時より、土浦駅・水戸駅・勝田駅・常陸多賀駅・日立駅・高萩駅・泉駅・湯本駅・いわき駅・臨時列車「ひたち50周年記念号」車内で、「ひたち号50周年記念入場券」を1,500セット限定、1,250円で発売を開始します。

記念入場券は、上野駅・水戸駅・勝田駅・常陸多賀駅・日立駅・高萩駅・泉駅・湯本駅・いわき駅の大人用入場券9枚がセットになっており、横長のD型硬券に、歴代ひたちの写真が印刷されている。

詳細はこちら