クアラルンプール国際空港に「三井アウトレットパーク」が2015年オープン!空港へシャトルバス運行、チェックインカウンターも設置!

outlet

三井不動産は、2012年11月に開発が決定し、基本契約を締結済みの「(仮称)三井アウトレットパーク クアラルンプール国際空港(KLIA)」の共同事業パートナーである「Malaysia Airports Holdings Berhad(MAHB)」と合弁契約を締結し、合弁会社「MFMA DEVELOPMENT SDN.BHD」を設立したと発表しました。
 

また、マレーシアの人口や富裕層、観光客の増加が見込まれることから、第1期の事業規模を拡大し、テナントを100店から140店に、面積を19800平方メートルから25000平方メートルにそれぞれ拡大します。

最終的には、テナント260店、面積は46300平方メートルになる予定。

2013年内に着工を予定。オープンは、2014年の予定から遅れ、2015年になる見込みです。

クアラルンプール空港からシャトルバスを運行するのほか、アウトレット内にチェックインカウンターやフライトの運航状況を案内する掲示板を設置するなど、利便性を向上させることで、より一層の集客を図るとのこと。

詳細はこちら