北海道エアシステム、JALの再子会社化を北海道が要請?=再建JALの新たな”重荷”に?

JL

北海道が、JALの元子会社であり、JALの再建のために経営から撤退した、北海道エアシステム(HAC)を、JALの再子会社にするように要請したことが、各報道によりわかった。

JALは、地方自治体や各議員などから路線の開設を求められ、不採算路線が増えることで経営の重荷になったといういきさつがあるため、再子会社化は難航しそうだ。HACは、2013年3月期は約3億円の赤字だった。

HACは、2013年7月に、札幌/丘珠〜三沢線に就航するなど、収益改善のため路線展開を急いでおり、2013年4月〜6月は、計画を上回る収益だった。

詳細はこちら