ジェットスター・ジャパン、来年夏にも国際線に進出=時事通信伝える

ジェットスター

ジェットスター・ジャパンが、早ければ2014年夏にも、国際線に進出すると時事通信が伝えています。

同社は、2012年中にも承認を受け、東京/成田〜香港線に就航を予定していましたが、国土交通省から厳重注意を受けたことや、関西国際空港第2拠点化の延期、国内線地方路線が好調であることから、進出を見送っていました。

また、ジェットスター・ジャパンは、機材数が増えることから、関西国際空港の拠点化を早急に進める見込みで、合わせて関西発着の国内線の拡充も進める予定。 

時事通信の報道では、就航路線は中国・韓国の近距離線となる見込みで、現在のエアアジア・ジャパンがリブランド後に就航を予定しているという報道がされている、グアムは含まれていません。

ジェットスター・ジャパンでは、国内線に比べて飛行時間が長くなることから、預け入れ手荷物や機内販売での収入の増加を見込んでいるとのことです。

詳細はこちら