韓国の格安航空会社、操縦士の多くが経験浅く=ジンエアーは約96%が5年未満

P1040184

朝鮮日報は、韓国に本社を置く格安航空会社の操縦士の大半が、操縦歴5年未満と経験が浅く、大手航空会社との差が約6倍に達するという記事を配信した。

記事によると、ジンエアーは全操縦士に占める5年未満の操縦士の割合が95.7%と最も高く、チェジュ航空は51.1%、イースター航空は35.2%となっているとのこと。 

これは、中国の航空会社が割高な年俸でスカウトしているからとのことだが、特にアジア各国を中心に、LCCの進出や経済発展に伴い、パイロット不足が深刻化しており、ANAはパイロット訓練会社を買収するなど、パイロットの養成にも力を入れている。

一方で、韓国内でのLCCの事故率は大手航空会社の半分以下となっており、その理由としては、保有機体が少なく、慣れた空港を短時間で往来するからとの見解も伝えている。

詳細はこちら