中国の8空港が強引に「定刻離陸」を導入、安全議論を巻き起こす事態に!

04

中国国内の各空港で、到着地への着陸の目処が立たなくても、強引に定刻で出発させる方針とすることが伝えられたことで、安全性に対する議論が巻き起こっています。

中国民用航空総局(CIIC)の方針によるもので、レコードチャイナによると、北京、上海虹橋、上海浦東、広州、深セン、成都、西安、昆明の8空港でこの措置を取り始めているとのこと。

中国各地を発着するフライトでは、慢性的な遅延が発生しており、世界最悪クラス。 FlightStats社の調べによると、2013年6月の定時運航率は、北京首都国際空港が18.3%、上海浦東国際空港が28.72%、成都国際空港が29.36%、広州白雲国際空港が26.45%、上海虹橋国際空港が23.51%など、軒並み50%以下の水準だった。

これは、中国国内の多くの空域が、軍事用とされていることや、便数の増加による混雑、気象条件によるものなど原因は様々。

これは、パイロットや管制官、乗客、航空会社に対し、大きな負担を強いるもので、パニックを引き起こす可能性も指摘されています。

詳細はこちら