アエロフロート、100%出資のLCCを設立か?

54

アエロフロートが、2014年にも、100%出資した子会社として、LCCを設立する可能性があると、海外の各メディアが報じています。

いずれもモスクワのシェレメーチエヴォ国際空港か、ヴヌーコヴォ国際空港を拠点とする見込みで、エアバスA320型機か、ボーイング737NGを導入します。

価格は、アエロフロートなどのレガシーキャリアよりも20〜40%安く提供する予定です。

詳細はこちら