【搭乗レポート】フランクフルト⇒東京(羽田)/全日空 NH204便(エコノミークラス)

P1060041

フランクフルト〜東京/羽田線、ANA202(NH202)便に搭乗したのでレポート。

大型機だと供給過剰に

P1060045

元々は、中型機のボーイング787型機での運航の予定でしたが、同型機の運航停止の影響で、ボーイング777-200型機での運航になった影響で、かなり空席が多め。

また、ボーイング787型機ではビジネス・エコノミーの2クラス制でしたが、ボーイング777−200型機ではプレミアムエコノミーも加えた3クラス制になっています。

エコノミークラスのシート配列は「3-3-3」ということもあり、うまく指定すれば3席使えるのですが、たまたま窓側に人がいたので、別の座席に移って3列独占できました。

シートポケットにはカタログ類が

P1060046

シートポケットには、機内誌やスカイチャンネルの案内などが。

離陸後は1食目のサービス

P1060047

昼出発ということもあり、まずは1食目。離陸し、1時間ほど経過したころからサービスが始まります。

今回は和食を頼んだ後になって、そういえばフランクフルト積込みだから…と思ってしまったのですが、実はそこそこ美味しかったです。和食には味噌汁のサービスも。

デザートはアイス

P1060048

デザートは、アイスクリーム。

機内食後は消灯、ギャレーには軽食が

P1060050

数時間寝て起きるとすでに消灯され、7割くらいの乗客は寝ていました。

ギャレーには、スナック菓子とバナナ、ジュース類がセルフサービスで置かれており、いろいろと(というか全種類)のスナックをつまに、かぼすドリンクを飲みながら映画を楽しみました。

2食目は洋食

P1060051

2食目は到着に2時間前(日本時間午前4時過ぎ)から配布。まだロシア上空です。

洋食はソーセージやスクランブルエッグなどで、目立ったはずれはなかった印象。

ほぼ定刻で羽田に到着

P1060057

ほぼ定刻で羽田に到着。午前6時過ぎということもあり、このまま会社に行くという人もいそう。今はすでにボーイング787型機での運航になっているので無理だと思いますが、往復ともに3席使って横になれたので、かなり楽でした。

(搭乗日:2013年4月5日)