社会科見学や自由研究に最適!JALが機体整備工場見学をリニューアルオープン!

jl1

 JALは、人気が高い、羽田空港JAL M1ビル(JALメインテナンスセンター 1)の機体整備工場見学を、7月22日より、「JAL工場見学~SKY MUSEUM(スカイミュージアム)~」として、リニューアルしました。 

新しいJAL工場見学では、1951年の会社設立以降、世界の空を切り拓いてきたJALの史料を初めて一般公開するとともに、運航乗務員(パイロット)、客室乗務員、整備士、空港スタッフ、グランドハンドリング・貨物スタッフの仕事紹介ブースを新たに設置したほか、JALの新シート・新サービス紹介コーナーを設けた。

jl2

アーカイブズコーナーでは、JALの歴史を50メートル以上にわたり、壁面上に年代ごとに紹介した大年表やデジタルアーカイブズ、皇室・特別フライト展示ブース、歴代のJAL・JAS(日本エアシステム)の制服・時刻表・機内誌・モデルプレーンの展示が行われている。

仕事紹介エリアでは、フライトを支える5つの代表的な職種である、運航乗務員(パイロット)、客室乗務員、整備士、空港スタッフ、グランドハンドリング・貨物スタッフについて、さまざまな体験コンテンツや、各職種の7つ道具(必携アイテム)、業務遂行上のモットーを伝える映像を見ながら、理解を深めることができる。

実際のコックピットに入ることが出来るほか、客室乗務員用座席への着席体験、航空機のタイヤ(ボーイング777-200型機)や、エンジンの1/4模型(ボーイング767型機)の見学、搭乗手続き体験、搭載用コンテナや、航空機を誘導するマーシャラーの仕事などを疑似体験いただけるデジタルコンテンツなどのコーナーが設けられる。

jl3

 国際線の新座席(ファーストクラス、ビジネスクラス、エコノミークラス)、国内線のファーストクラス・クラスJ座席の実物を展示しています。また、一部の座席は実際に体験することもできる。

運航乗務員、航空整備士、客室乗務員や空港スタッフのイベント用制服を着用し、航空機の大型パネルやコクピット模型を背景に、お子さまだけでなく、大人も記念撮影を行うことができるコーナーも。
 
JALグッズが購入できるショップもあわせてリニューアルしたとのこと。

ちなみに、11月まではすでに満員となっています。

詳細はこちら