かゆいところに手が届くサービス!日本人経営の民宿『九份小町』に宿泊してみた!

画像_九份(後編)_01

シンガポールのLCC・Scoot(スクート)で、台湾を満喫せよ!という指令を受けた、Traicyライターのshimajiro氏。ノスタルジックな夜の九份(きゅうふん)で腹ごしらえをしたあとに向かったのは、日本人が経営している民宿『九份小町』だ。【取材:shimajiro、編集:Traicy編集部】


【搭乗レポート】東京(成田)⇒台北(桃園)/Scoot(スクート) TZ201便(エコノミークラス)
【搭乗レポート】台北(桃園)⇒東京(成田)/Scoot(スクート) TZ202便(エコノミークラス)
【レポート】台北からの日帰り旅行で人気の『九份(きゅうふん)』の夜を散策!

夜の九份を堪能した後は、本日の宿、九份にある日本人経営の民宿『九份小町』に向かう。

九份小町は、九份中心街から徒歩圏内にある。九份老街を入口側のセブンイレブンからまっすぐに進み、先日紹介した芋仔蕃薯(オアーハンジ)の階段を、反対側に上っていき、九份國小方面の坂を左手に上った場所にあるものの、道中の道が複雑で迷いやすい。

しかし、九份老街の入口にあるセブンイレブンで電話すると、日本人オーナーの高野さんが車で迎えに来てくれるので、初訪問でも心強い。

目印がわかりずらく迷いやすいので、方向感覚に自信が無い方は、最初は送迎をお願いした方がベター。送迎をお願いする場合は、事前に到着予定の時間を連絡しておくことをオススメする。

九份小町の客室(富士の間)

画像_九份(後編)_02

日本式の民宿ということで畳が敷かれており、日本人としては何となく落ち着くのもうれしい。

ベッドは備え付けられているので、布団が苦手という人にも安心だ。 

九份小町では、無線LANが無料であるほか、冷暖房と液晶テレビ、電気ポット、ドライヤー・日本茶・ミネラルウォーターが完備されている。

「民宿」でも浴室は綺麗だ

画像_九份(後編)_04

民宿ということで設備が古いのかな?と思っていたが、浴室などは新しく綺麗なので、女性の宿泊でも安心。

やはり、日本人が経営しているとあって、かゆいところに手が届くサービスや清潔なところがありがたい。

テラスで涼むのも良し

画像_九份(後編)_05

九份は、夏になると30度を超える暑さになるが、山の上にある九份は風が通るので、朝晩は涼しいくらいだ。

6月のこの日も、テラスには暑さが和らぎ、冷房が要らないくらいの心地良い風が通っていた。

台湾といえば、日本より暑い国というイメージがあって、日本の冬がベストシーズンという印象がある人も多いと思いますが、実は12月〜3月は雨の多いシーズン。ベストシーズンは、7月〜11月なのだとか。

テラスからの眺め

画像_九份(後編)_06

「富士の間」にあるテラスからは、九份の街と海が一望できる。

九份小町は、2名1室利用時、1名あたり3,400円(利休の間)というリーズナブルな価格から宿泊することが可能だ。

九份小町は「民宿」でありながらも、設備などは充実している。また、オーナーである高野さんが日本人であるので、日本語でのコミュニケーションが不自由無くできるのも安心だ。

朝ご飯は和食

画像_九份(後編)_07

台湾の民宿は素泊まりが多くなっているが、九份小町は日本式の民宿ということもあり、朝食を宿で食べることができる。朝ご飯は焼き魚などを中心とした和食メニュー。

中華料理の連続でも、白いご飯や味噌汁は胃にやさしく、ホッとした気分になれる。

次回は『九份小町』のオプショナルツアーで九份とその周辺を巡るツアーをご紹介の予定。

■宿情報
九份小町(きゅうふんこまち)
住所:新北市瑞芳區永慶里崙頂路70號
電話番号:(日本から)886-953-000136/(台湾から)0953-000136
Webサイト:九份小町-日文版

■取材協力 Scoot(スクート)/九份小町
■取材 shimajiro