シンガポール航空が新型シートを発表!9月よりシンガポール〜ロンドン線に投入!

sq1

シンガポール航空は、ボーイング777−300ER型機より順次導入する、新型シートを発表しました。

2013年9月より、シンガポール〜ロンドン線から投入される予定です。

ファーストクラス

sq_F

ファーストクラスは、横幅35インチ、長さは80インチから82インチに余裕を持たせたことにより、ファーストクラスの中でも最も広いシートになった。

新しいファーストクラスは、座席の快適性を高めるために、サポートのためのパッド入りヘッドボードなどの新機能や、マットレスを追加した。クッションと調節可能なヘッドレストにより、座り心地が改善されたとのことだ。

エンターテイメントの液晶サイズは24インチになり、HDMIとUSBの接続ができるようになる。ヘッドフォンは、ノイズキャンセリング機能が付いた、BOZE社製の「Bose Quiet Comfort QC15」が提供される。

ビジネスクラス

sq_C

ビジネスクラスは、リクライニングは132度、フルフラットとなる人間工学に基づいたシートをさらに改良した。シートの長さは78インチとなり、ファーストクラスに劣らない。

乗客からの意見を参考に、アメニティとノートパソコンなどの収納スペースを新たに設けた。

機内エンターテイメントの液晶サイズは18インチに拡大される。

エコノミークラス

sq_Y

エコノミークラスは、革新的な素材を使用し、新たなデザインに。パーソナルスペースや足元には余裕を持たせ、今まで以上の快適さを提供するとのことです。

エンターテイメントシステムの画面サイズは、11.1インチに。コントローラーは前の座席の背面にあり、カップホルダーも設置されます。また、テーブルは折りたたみ式のものになります。

ヘッドレストは可動式で、上下の移動幅が拡大されたとのことです。

詳細はこちら