アシアナ航空事故、スターアライアンス加盟各社が救援・支援も!

oz

2013年7月7日に、サンフランシスコ国際空港で発生した、アシアナ航空214便墜落炎上事故。

事故の詳細が明らかになるにつれ、現地の救援、支援についても詳細が伝えられています。

ウォール・ストリート・ジャーナルによると、アシアナ航空は、アメリカ5都市に就航していますが、現地でのハンドリング作業は委託しており、社員の数が抑えられています。そんな中で、同じくスターアライアンスに属する、複数の航空会社が支援に乗り出したとのことです。

スターアライアンスや他のアライアンスでは、事故が起きた場合、その国に加盟航空会社がある場合は支援を行うように定められています。

スターアライアンスに加盟し、事故機がコードシェア便であったユナイテッド航空は、水や食料の支援のほか、乗客のためにホテルの提供や、ラウンジなどを開放しました。

また今回、乗客の中で一番多かったのが中国人であるにもかかわらず、中国語ができるスタッフが少なかったことから、中国国際航空は、乗客の支援や通訳を行ったとしています。

詳細はこちら