サンフランシスコ国際空港、自動航法装置に異常で使用停止中だった!

oz2

サンフランシスコ国際空港で、アシアナ航空機が着陸に失敗、大破し、乗客2名が死亡した事故で、同機が着陸した、28L滑走路は、飛行機をレーダーで滑走路まで誘導する「ILS(アイエルエス)」と呼ばれる装置が、2013年6月1日〜8月22日まで、利用が停止されていたことが判りました。

また、滑走路脇に、「PAPI(パピ)」 と呼ばれる滑走路誘導灯が存在し、安全に着陸できる角度である3度を超えたりすると、パイロットからの見え方が異なるというもの。

滑走路脇には4枚存在し、4つのうち2つが白、2つが赤だと進入角度が適切であるという意味になります。

機体には異常がなかったという報道もあり、パイロットによる人為的ミスも指摘されています。

詳細はこちら