JAL、ヘルシンキをハブに!マドリッドも「次の狙い」と発言=日経伝える

jal_oneworld

JALは、2013年7月1日に、東京/成田〜ヘルシンキ線に就航しました。

現在、ブリティッシュ・エアウェイズと行っている共同事業は、フィンランド航空と3社で展開を行う予定で、JALは、ロンドンに加え、ヘルシンキもハブとして活用するとのことです。

ヘルシンキは、最短35分で国際線から、入国審査を行いシェンゲン協定加盟国26カ国へのフライトに乗り継ぐことが可能。ロンドンやフランクフルトなど、JALが就航している大規模な空港よりも、乗継ぎの利便性が高いのが特徴のひとつとなっています。

また、日本経済新聞の取材で、スペインのマドリッドを「次の狙い」を発言しており、同じワンワールドのイベリア航空との乗継ぎや、中南米への乗継ぎも可能になる。

詳細はこちら