エアアジアCEO「ANAは悪いパートナー」「世界一高コストエアライン」と語る!

AirAsiaJapan

エアアジアCEO、トニー・フェルナンデス氏は、インド市場参入についてロイター通信やAFPなど各メディアのインタビューに応じ、ANAとの合弁解消についてコメントしました。

フェルナンデス氏は、「ANAは悪いパートナー」「もう人生でプレミアムエアライン(フルサービスキャリア)と一緒に決して仕事はしない」「ANAは世界一高コストな航空会社、エアアジアは最も低コスト。」と語っています。

対照的に、最大のライバルであるジェットスターは、日本ではJALと、中国では中国東方航空とともに、市場に参入しています。

エアアジアは、ANAとの合弁企業であるエアアジア・ジャパンに対し、高コストだと批判をしていました。

エアアジアは、インド国内線に2013年第4四半期に参入。チェンナイをハブに、5機で運航を開始。その後10機を1年で追加投入します。インドには、SpiceJetやGoAirなどの格安航空会社が存在しています。

※一部表現を訂正しました。

詳細はこちら