タイ企業と合弁で「タイ・ベトジェットエア」を設立!ラオス、ミャンマー、カンボジアでも合弁へ!

vja

ベトナムのベトジェットエアは、タイのコミューターエアライン、Kan Airと、「タイ・ベトジェットエア」の設立に合意しました。

タイ・ベトジェットエアは、Kan Airが51%、ベトジェットエアが49%の株式を保有します。

ベトジェットエア関係者は、バンコクポストに対し「ミャンマー、カンボジア、ラオスでもこのモデルを利用し、合弁会社の設立の可能性を議論する」と語ったと伝えられています。

また、中国、インドネシア、マレーシアで、姉妹航空会社を設立することも狙っているとのことです。

タイ・ベトジェットエアは、バンコクのスワンナプーム国際空港を拠点とし、チェンマイ、プーケット、ハジャイのような主要路線に就航する見込み。

詳細はこちら