香港エクスプレス航空が10月にLCC化へ!香港〜中国本土、マレーシア線に就航か?

41

香港エクスプレス航空は、2013年10月にもLCCに生まれ変わると発表しました。詳細は、今後数ヶ月以内に発表するとしています。

ウォール・ストリート・ジャーナルによると、香港〜中国本土線と、コタキナバル線に就航するとみられており、同社副CEOのアンドリュー・コーエン氏は「既存運賃の30%程度になる」と述べ、会長のヤン・ジャンホン氏は、「ジェットスター香港より優位に立って、2年以内に黒字化する」とコメントしています。

香港エクスプレス航空は、香港国際空港のピーク時間帯の発着枠をすでに保有しており、その点でジェットスターの有利に立てると見ています。

香港では、カンタス航空と中国東方航空、信徳集団が出資したジェットスター香港が年内にも就航すると見られています。

香港エクスプレス航空は、香港〜沖縄/那覇線に就航しており、東京/成田にも就航していた、香港航空グループの会社。現在は3機保有するボーイング737型機を売却し、エアバスA320型機5機を新たに導入し、5年で30機にまで拡大する予定とのことです。

詳細はこちら