エアアジア、ANAHDにエアアジア・ジャパン株式を24.5億円で売却!

AirAsiaJapan

エアアジアは、25,120株の議決権株式と、23,880株の無議決権株式全てを、2013年6月28日付でANAホールディングス(ANAHD)に24億5000万円で売却すると発表しました。

2013年11月1日以降、ANAHDはエアアジア・ジャパンの名称を、他のものに変更しなければならないとしています。

エアアジアが、エアアジア・ジャパンにリースしている航空機は、2013年9月1日〜11月1日までにエアアジアに返却を行う必要があります。ANAは、自社保有機の退役延長や新機材導入を行い、機材をやりくりするとしています。

なお、9月以降、エアアジアへの機材返却で減便を行う予定となっていますが、ANAHDが責任を持つとしており、代替便の利用が可能になるものと思われます。

関連記事