エバー航空がスターアライアンスに加盟!スラバヤ・高雄もスターアライアンスで行けるように!

P1060233

エバー航空は、2013年6月18日、スターアライアンスに加盟した。

台湾桃園国際空港で開催された加盟式典で、スターアライアンスCEOのマーク・シュワブ氏は、「エバー航空は、加盟に必要な全ての要件を完了し、スターアライアンスの社長会(Chief Executive Board)にて満場一致で加盟を承認されました。」と述べた。

アジア・太平洋のハブ空港である、東京(成田・羽田)、ソウル(仁川)、北京、上海(浦東)、深圳、バンコク、シンガポール、オークランドに、新たに台北(桃園)が追加されました。台湾は、地理的に、アジア・太平洋地域の全ての主要都市から近く、桃園国際空港はアジア・太平洋地域における重要なハブ空港となる。

また、エバー航空の加盟により、高雄(台湾)とスラバヤ(インドネシア)が、新たな就航地として加えられるほか、年間渡航者数が2009年の300万人余りから2012年に約900万人に達した中国・台湾市場におけるスターアライアンスのプレゼンスが向上する。

エバー航空は、スターアライアンス加盟航空会社間での乗継ぎで、スルーチェックインなどのサービスを提供することができるほか、エバー航空「Infinity MileageLands」の上級会員は、スターアライアンス各社のラウンジを利用することが出来るようになる。

関連記事
エバー航空、6月18日にスターアライアンス加盟記念式典を開催!

詳細はこちら