ANA・エアアジア、「エアアジア・ジャパン」合弁解消発表は今月中?ANAが新LCC設立との報道も!

P1040595

ANAとマレーシアのエアアジアとの合弁企業、エアアジア・ジャパンのエアアジア保有の株式全てをANAが引き取り、事実上エアアジアが日本国内線から撤退すると各メディアで報じられています。

ANAは、エアアジア・ジャパンを完全子会社化した後、一定期間後にエアアジアブランドが使用できなくなると思われますが、国内LCC3社のうち、最も知名度が高いPeachへの統合との報道がある一方、NHKでは、受け皿となる新たな航空会社を設立する可能性もあると報じています。

エアアジア・ジャパンは、2013年10月26日までの運航スケジュールを既に発表、航空券を販売しているため、同じタイミングでのエアアジアブランドでの運航終了が想定されます。

エアアジア・ジャパンは、国内3社のうちで最も搭乗率が低く苦戦していました。理由としては、エアアジアグループ本国、マレーシアのシステムが使いづらいという事や、旅行会社とのパッケージツアーの販売に消極的だったことが挙げられています。

詳細はこちら

関連記事