メルパティ航空機が着陸時に機体が分裂!胴体着陸か?

11

日本人と韓国人の客室乗務員の採用が話題になっている、インドネシア国営のメルパティ航空の旅客機が、インドネシア・クパンの空港に午前9時40分ごろに着陸。その際に機体の胴体が真っ二つに分断されました。

写真を見ると、翼は下を向いており、機体は分断。機体の車輪が出ていません。パイロットからは、故障の連絡はなかったようです。

この旅客機は、乗員乗客52名を乗せたMA-60型機(中国・西安航空機工業社製)。乗員乗客数は50名という情報もあります。

メルパティ航空は、2009年8月に、16人が搭乗するMA-60型機が墜落。 2011年にも同型機が墜落し、25人が死亡しています。

2011年の事故後、インドネシア国内の離着陸が難しい空港で、同型機の運航を禁止していますが、クパンの空港は含まれていません。また、同社は、EUの乗り入れ禁止リストにも含まれています。

詳細はこちら

関連記事