”エアアジア日本撤退!”エアアジア・ジャパンの株式をANAが全株取得!Peachブランドで運航か?

P1060213

マレーシアのエアアジアが、ANAとの合弁企業であるエアアジア・ジャパンの株式をANAに売却し、合弁を早ければ今秋にも解消する方針であると、日本経済新聞電子版が報じています。

エアアジア・ジャパンは、ANAが51%、エアアジアが49%の株式を保有し、2012年8月に日本国内線に就航。成田と中部を拠点に、国内・国際線に就航しています。

記事によると、エアアジアは、日本国内で新たに提携パートナーを見つけ、日本市場に参入するとのことです。また、エアアジア・ジャパンは、国内で知名度が高い、「Peach」ブランドでの運航にする可能性が高いとも報じられています。

エアアジアCEOのトニー・フェルナンデス氏は、2013年6月8日の日本経済新聞電子版で、「現状は不満だが撤退はあり得ない。国内線の需要が大きい日本は東アジアで最も魅力的な市場」とも語っています。

エアアジアには、すでに日本国内の複数企業からアプローチがある模様で、エアアジアは一時撤退後、新たなパートナーとともに日本市場に再参入するものと思われます。

エアアジア・ジャパンは、国内LCC3社の中でも搭乗率が低迷しており、2013年第一四半期だけで、約21億円もの赤字となっていた模様。ライバルのジェットスター・ジャパンが、就航から9ヶ月で約48億円の赤字であることや、保有機数の差を考えると出遅れ感は否めません。

エアアジア・ジャパンでは、カウンターチェックインの無償化や、ビッグホリデーとのパッケージツアーの販売で利便性向上に努めていました。

なお、日本〜クアラルンプール線のエアアジアXは、ANAとの合弁企業ではないため、通常通り運航が継続されます。

詳細はこちら

関連記事