インドネシア国営メルパティ航空が日本・韓国人を採用!日本就航の計画も?

11

インドネシア国営の、メルパティ航空(メルパチ航空/メルパチ・ヌサンタラ航空)が、日本人と韓国人の客室乗務員の採用したことが、GrobalPostの報道により判明しました。

報道では、日韓からの観光客に対応するためとのことで、合わせて11人を採用する見込みです。日韓からの観光客のほとんどが、バリとジャカルタを訪れるため、同社の就航地へ呼び込みたいとの考え。

メルパティ航空は、主にインドネシア国内線に就航。機材は、ボーイング737型機シリーズや、小型機を保有しています。

2011年春に日本代表事務所を開設しており、近い将来に日本への就航を行うことを表明しています。

しかしながら、同社は約6億ドル(約600億円)以上もの負債を抱えており、保有する機材からも就航は難しいと思われます。

詳細はこちら