米TSA、小型ナイフの機内持ち込み方針を猛反発受け撤回へ

30

アメリカ運輸保安局(TSA)は、航空機内に、刃渡り6センチ(2.36インチ)未満の小型ナイフやゴルフクラブの持ち込みの解禁するとしていた方針を、客室乗務員らの猛反発を受け、撤回したことがわかりました。

日米各メディアによると、 全米で抗議活動が展開されたほか、米国下院議員145人も撤回を求めていた。

TSAが毎日押収する小型ナイフは約2,000本で、これらを押収するよりも、より危険性の高い爆発物の探知に労力を割くべきだと説明していました。

TSAは、当初、2013年4月にも解禁する予定でしたが、見合わせていました。

詳細はこちら