【搭乗レポート】プノンペン〜シンガポール/ジェットスター・アジア 3K592便(エコノミークラス)

P1060146

ジェットスター・アジア、プノンペン〜シンガポール線の搭乗レポート。

ターミナル外がかなり混雑

P1060145

市内を2時間半以上前に出発する、プノンペンのカジノ「Naga」の送迎バンに乗り込んだのですが、ちょうど雨が降ってきたということもあり、道路は大渋滞。空港に到着したときには、すでに出発の1時間10分前になっていました。

東南アジアは、バンコクやクアラルンプールもそうですが、夕方の渋滞は毎日のことですが、余裕を持って行くことをおすすめします。

ジェットスター・アジアのカウンターは、4〜6番の3カウンターで、シンガポール線以外はないため、空いている印象。

搭乗券は硬い紙

BlogPaint

搭乗券は、お馴染みの硬い紙のものでした。搭乗券とパスポートを提示すると、2階の出国審査に行くことが出来るます。かなりすいていました。

出国税を20ドル、空港で支払うというネットでの情報を見ていたのですが、支払場所等はなく、すでに航空券に含まれるようになったのかもしれません。

搭乗は定刻で開始

P1060155

搭乗開始、出発はほぼ定刻。乗客は6割程度です。

日本でもすっかりお馴染みになった、上部にシートポケットが配置されているシートが搭載されています。

機内誌類は4種類

P1060151

シートポケットには、機内食カタログの「Jetstar Cafe」、機内販売カタログの「Jet Shop」、機内誌「Jetstar」、安全のしおりの4種類が搭載されています。

機内食カタログには日本語も併記

P1060153

機内食のカタログには、英語・中国語・日本語が併記されているので、注文しやすいのがうれしいところです。日本国内線よりも種類は豊富です。

ドリンクは全て4シンガポールドル!

P1060154
 
ソフトドリンクは全て4シンガポールドル(約320円)。ワインやシンガポールスリングなどは値段が違います。ただ、あまり購入している人はいませんでした。

ほぼ定刻で、シンガポール・チャンギ国際空港に到着しました。

(搭乗日:2013年5月24日)