JR東日本:上質な旅の提案を目的とした「クルーズトレイン」を2016年から運転開始へ!

27

JR東日本は、「日本を楽しむあなただけの上質な体験」提案する、「クルーズトレイン」を新造し、2016年春以降の運転開始を目指すことを明らかにしました。

JR東日本は、新たなフラッグシップに相応しいデザイン・技術を備えたクルーズトレインと、上質で洗練されたサービス・おもてなし等により、この列車の旅でしか味わえない特別感のある非日常的な感動体験を提供するとしています。

電化・非電化区間を問わずに運転できる、新開発の動力方式(EDC方式)を採用。電化区間では架線の電気により走行し、非電化区間では車両のエンジンで発電した電力で走行します。

車両は10両編成で、1車両当たり2〜3室とし、2クラスのスイートルームを用意する予定。食堂車(ダイニング)やラウンジも用意するとのこと。

詳細はこちら