LCC各社の欠航率、ジェットスターは機材繰りによる欠航が2.5%超!最低はピーチ!

48

国土交通省は、「航空輸送サービスに係る情報公開」の2013年1月〜3月分を発表しました。

発表された資料によると、 LCC各社のうちジェットスターの欠航率が最高となっているということがわかりました。

関西国際空港を拠点とするピーチは、24時間運用の空港であるがゆえに、遅延しても飛ばすことができますが、成田空港は23時までの運用制限があったため、エアアジアとジェットスターの欠航率が高めになっています。

特筆すべき点は、ピーチは機材繰りによる欠航がゼロであったという点で、機材繰りによる遅れが出た場合も、きちんと就航しているということがわかります。 

詳細はこちら