時差ボケを光の力で解消できる「光のシャワー」をデルタ航空とオックスフォード大学が開発!

sub3

デルタ航空が、時差ぼけを光線の力で治す「光子シャワー」の体験ブースを、米・カリフォルニアで開幕した、テクノロジーカンファレンス「All Things Digital Conferences(D11)」で披露したと、アメリカの主要メディアが伝えています。

開発・展示されたシャワーブースは、オックスフォード大学の睡眠の専門家、ラッセル・フォスター教授の発見に基づき開発したもので、利用者がフライト情報を入力すると、光子と光のシャワーの量が自動的に算出される仕組みになっている。

詳細は、下記のウォール・ストリート・ジャーナルの動画でご覧いただけます。(最初は広告が流れますがスキップできます)