ジェットスター・ジャパンが初年度48億円近くの赤字か?=親会社・カンタス航空の業績にも影響

P1050548

ジェットスター・ジャパンの初年度の赤字額が、48億円近くに達することが、NAA.ASIAの報道で判りました。

これは、オーストラリア・マッコーリー銀行のアナリストが、業績予測として明らかにしたもので、親会社であるカンタス航空の業績不振の主な原因は、日本市場での不振にあるとのことです。

アナリストは「ジェットスター・ジャパンは短期の事業拡大戦略を検討しており、いずれ前向きな効果が表れるだろう」と述べており、LCCの中で最大の機数を保有し、積極的な路線展開を行っているジェットスター・ジャパンが、どのように巻き返しを図るのかに注目です。

詳細はこちら