8月からJAL・ANAの燃油サーチャージ値下げか?秋以降利用者はちょっと待って!

P1040586

JALとANAの燃油サーチャージが、2013年8月1日から2ヶ月の間、値下がりする見通しだ。

これは、4月・5月のシンガポールケロシン平均額が、110〜120USD以内に収まる見通しであるため。6月〜7月の平均額120〜130USDより1ランク下の基準になる。

燃油サーチャージ額(2013年8月〜9月/片道、見込み)

  • 日本〜韓国・極東アジア 2,000円(200円値下げ)
  • 日本〜中国・台湾・香港 5,500円(500円値下げ)
  • 日本〜グアム・フィリピン・パラオ・ベトナム 6,500円(500円値下げ)
  • 日本〜タイ・シンガポール・マレーシア 10,500円(1,000円値下げ)
  • 日本〜インドネシア・インド・ハワイ 13,500円(1,500円値下げ)
  • 日本〜北米・欧州・中東・オセアニア 21,000円(2,500円値下げ)

JAL・ANAは、6月中旬〜下旬に正式な適用額を発表します。

燃油サーチャージは、航空券の発券時を基準に徴収が行われるほか、特典航空券の場合、国際線第一区間の変更が行われた場合に限り、徴収額が変更されます。

詳細はこちら