京成電鉄の株主優待乗車証は、徐々に値上がりも?ヤフオクでは今が買いどき!

P1030997

成田空港まで京成電鉄で行くという方も多いでしょう。そんな方の中でも旅慣れた人は、金券ショップで株主優待券(株主優待乗車証)や、ライナー券の回数券のバラ売りを購入している人も多いですよね。

株主優待乗車証は、以前は市内の金券ショップだ900円程度、ヤフオクだと850円前後で購入できることが多かったのですが、成田空港発着のLCCが増えるにつれて、価格が上昇しているようです。

スカイアクセス線経由のスカイライナーの場合は、上野・日暮里〜成田空港の運賃は1200円なので、使って損はありません。そんな、京成電鉄の株主優待乗車証について、レポートします。

京成電鉄の株主優待乗車証は年2回発行!

株主優待乗車証は、3月と9月に1,000株以上の京成電鉄株を保有している人を対象に、年間2回送付されます。

  • 1,000〜4,999株 4枚
  • 5,000〜9,999株 10枚 
  • 10,000〜19,999株 30枚(+3年以上継続保有で6枚)
  • 20,000〜34,999株 60枚(+3年以上継続保有で6枚)

京成電鉄の株主優待乗車証は、途中下車しない限り、全線どこからどこまででも利用が可能となっています。

  • 3月に保有している人⇒5月中旬に送付⇒11月末まで有効
  • 9月に保有している人⇒11月中旬に送付⇒翌年5月まで有効

されます。そのため、毎年5月と11月はヤフオクに大量に出品され、値下がりする傾向にありますが、その後は高止まりしたり、供給数が少ない傾向にあります。

現在、出品が徐々にされはじめていますので、6月初旬あたりまでが一番の買い時になる可能性があります。

また、10枚、30枚といったまとまった単位で出品されている事も多く、送料分が一回分で済むのでうれしいところ。

京成バス「東京シャトル」や、平和交通「THEアクセス成田」は、東京駅〜成田空港を900〜1,000円という破格値ですが、東京北部や埼玉県などに住んでいる場合は、京成のほうが便利ということも。

筆者の場合、往路は「THEアクセス成田」を利用して前泊。帰りは京成特急で上野のオフィスへというパターンが多く、毎年5〜6月と11〜12月などの、相場が安いうちに、必要な枚数はあらかじめ確保しています。

また、5月末期限の優待券は、現在投げ売りされていますので、利用する予定の人はゲットしておくとよさそうです。

ヤフオクはこちら