【搭乗レポート】東京(羽田)⇒フランクフルト/全日空 NH203便(エコノミークラス)

P1050786

東京/羽田〜フランクフルト線、NH203便に搭乗したのでレポート。

ボーイング787型機からの機材変更で空席多め!

P1050792

元々は、中型機のボーイング787型機での運航の予定でしたが、同型機の運航停止の影響で、ボーイング777-200型機での運航になった影響で、かなり空席が多め。

また、ボーイング787型機ではビジネス・エコノミーの2クラス制でしたが、ボーイング777−200型機ではプレミアムエコノミーも加えて3クラス制になっています。

設備は古め

P1050793

シート配列は、「3-3-3」で、ほぼ1人で3席利用できるほどの空席具合。

上級会員等の一部の方は、プレミアムエコノミーを利用しているようでしたが、どちらかというと、エコノミークラスで3列利用したほうがゆったり過ごせるような気がします。

深夜便のため、離陸後は軽食のサービス

P1050794

離陸後は、ドリンクとサンドウィッチ、水1本が配布されます。

深夜、トイレに行ってみると、「ギャレーに軽食を用意しています」という紙が貼られており、行ってみると、ソフトドリンクや軽食、スナック類が用意されていました。

到着前の軽食は、しっかり目

P1050801

到着前は、現地時間でも朝になるので軽食。オムレツですが、おいしかったです。

どちらも軽食といった感じではありますので、物足りないと思う人もいるかも。羽田の売店は、出国後だと物が限られてしまうので、出国前にあるセブンイレブンで購入しておくとよさそう。営業時間は23時までですので注意。

フライト時間は、約12時間ですので、離陸後、軽食を食べてから睡眠をゆっくり摂ることができます。到着は、午前6時ごろですので、あまり時差を感じることはありません。

定刻で到着

P1050805

ほぼ定刻で、フランクフルト国際空港に到着。

確かに、ボーイング787型機でないと採算合わないだろうなぁという印象。

羽田での国際線からの乗継ぎが一般化すればいいのですが、現状ではあまりメジャーではなく、日本やコードシェア先のドイツ国籍の方の利用が大半だったので、今後さらに乗客が増えればいいなぁと。

個人的には、成田発と値段が同程度なら、仕事後に出発できる羽田発深夜便は、積極的に利用したいと思います。

(搭乗日:2013年3月31日)