ジェットスタージャパン、日韓線に就航か=朝鮮日報伝える

P1050548

ジェットスタージャパンが、日本〜韓国線に2013年下半期に就航する可能性があると、朝鮮日報が伝えています。

日韓線は、大手航空会社(レガシーキャリア)が大半の路線を運航していましたが、年々規模を縮小。ANAが、東京/成田〜ソウル/仁川線から2013年3月に撤退したほか、5月末にはデルタ航空も撤退。

一方で、エアアジア・ジャパンが東京/成田〜ソウル/仁川・釜山線に、Peachが大阪/関西〜ソウル/仁川・釜山線に、ジンエアーが沖縄那覇・長崎〜ソウル/仁川線に、済州航空が東京/成田〜ソウル/仁川線に就航や就航を決めています。

朝鮮日報によると、人気の大阪/関西〜韓国線の場合、済州航空・イースター航空・Peach・エアプサンのLCC4社(18便/日)と、JAL・大韓航空・アシアナ航空のレガシーキャリア3社(28便/日)の利用者数の割合は、LCCが24.7%となっているとのことです。

詳細はこちら