マリンドエアウェイズ、2013年下半期にもクアラルンプール〜日本線に就航へ!

39

インドネシアのLCC・ライオンエア子会社のLCC、マリンドエアウェイズは、2年以内に、クアラルンプール〜日本・韓国・中国線に就航すると表明したと、マレーシアの各紙が伝えています。

同社は、2013年3月に運航を開始。機材は、ボーイング737‐900型機を使用しています。

予定では、2013年下半期には、クアラルンプール〜日中韓線への就航を見込んでいるとのことです。

また、同社は、クアラルンプールに2013年6月にオープン予定の新LCCターミナル「KLCT2」を使用するとのことです。

マリンドエアウェイズは、10年間で100機の導入を予定。これらの機材は、親会社のライオンエアからリースでの導入を予定しています。

詳細はこちら