ジェットスタージャパンの支払い手数料過徴収、該当者数や金額は判明せず=AviationWire取材に答える

P1050417

Traicyが2013年3月18日に報じた、ジェットスタージャパンの国内線で、支払手数料を本来200円のところ、400円多い600円を徴収した問題で、ジェットスタージャパン広報は航空専門メディア「Aviation Wire」の取材に応じ、「規模がまだつかめていない」と回答したと報じています。

また、予約システム上で不具合が発生した原因について、ジェットスターグループの本国オーストラリアと日本のどちらで起きているかも含めて調査中とのことで、まだ不具合による徴収ミスが続いている可能性があります。

ジェットスタージャパンからは2013年3月19日午後1時現在で、コメント等は発表されていません。

詳細はこちら