ホーイング、787型機の運航開始は「数週間後」と社長語る

00

バッテリー関連の問題で運航が停止されている、ボーイング787型機ですが、同社の民間航空機部門のレイモンド・コナー社長は都内で記者会見を行い、「数週間以内に運航開始できる」と語ったと報じられています。

同社は、バッテリーの改善策をまとめ、12日に米連邦航空局から試験飛行の承認を受けました。

テスト飛行を重ね、安全性が確認できれば、連邦航空局が運航再開を承認。日本国内での運航に関しては、国土交通省の承認が必要になり、その後は各航空会社が運航再開時期を判断する形になります。

詳細はこちら