JAL、ジェットスタージャパン運航便でコードシェアを開始!

P1050329

JALは、東京/成田・大阪/関西・名古屋/中部発着のジェットスタージャパンが運航する国内線で、コードシェア(共同運航)を、2013年3月6日より始めると発表しました。

JALは、ジェットスタージャパンの国内線運航便を、国際線との接続便として販売。JAL国内線として、単体での発売は行いません。

座席指定は、窓側・通路側のみ指定が無料で可能。

搭乗手続きは、ジェットスターのチェックインカウンターで、2時間〜30分前まで行い、国内線部分のみ搭乗手続きが可能です。手荷物の預かりはJAL国際線と同様に無料となり、最終目的地まで預けることが可能です。

これにより、3空港での国際線への乗継が便利になるだけではなく、ジェットスタージャパンの搭乗率向上にも効果がでるものと思われます。利用者は、ジェットスター

ジェットスター運航便は、JAL便名が6000番台のものとなります。

詳細はこちら