【搭乗レポート】福岡⇒東京(成田)/ジェットスター GK128便(エコノミークラス)

GK7

ジェットスターの国内線 福岡 ⇒ 成田 GK128便に搭乗したので搭乗記。

チェックインカウンターの様子

GK1

出発1時間前まで、薬院にあるお店で食事。駅まで急いで歩いて、19:15に天神を出る地下鉄に乗り、福岡空港へと移動。
 
出発1時間前まで市内にいても飛行機に乗れるのは空港までのアクセスが良いからで、このあたりは福岡空港が羨ましい。

電車到着後、ジェットスターの使用する第一ターミナルまで移動。

チェックイン終了間際の19:30頃には、チェックインカウンターには人が居なかった。Webチェックインを済ませておいたので、そのまま手荷物検査へ。

手荷物検査は右のほうが速かった

GK2

手荷物検査は右が混んでいるように見えたので、最初は左の列に並んだけれど、結果的に右の方が速かったので、途中で右側の列に変更。(時間に余裕が無かったので、速く進む方を選んだ)

改札口Cから搭乗

GK3

C改札を通って、13番ゲートからボーディングブリッジを渡って機内へ。

搭乗率は70%ほど

GK4

この便の搭乗率は70%ぐらいと、そこそこ混んでいた。

飛行機が離陸したのは20:06頃。
飛行中は『強い偏西風の影響を受けて揺れる&到着が早まる』という旨のアナウンスが機長からあり、飛行中はそこそこ揺れる事があった。

オリジナルグッズが搭載されていない!

GK5

あまり希望を持たず、客室乗務員に確認したところ、この便でもカタログに掲載されている、オリジナルiPhone 4S/GALAXY S3ケースは販売されていないとのこと。

かなり楽しみにしていたので、オリジナルケース類を購入する事が出来なかったのは残念…(もしかしたら国内線では販売されていないのかも?)

機内での販売が手間なのであれば、いっそのこと空港カウンターなどなどで販売してくれれば購入するのに…と思ったり。
風の影響で機内が揺れるため、機内販売が早めに終了。

『強い偏西風を受けて飛行中』とアナウンスのあった通り、定刻の21:40よりも若干早い21:27頃に着陸。

着陸後、本来地上で待っているはずのバスを追い越してしまったという説明があり、バスの到着を待ってから降機を開始。

バスを追い越してしまい機内で待機

GK6

成田空港着陸後、ターミナルまではバスで移動。

LCCの福岡 ⇒ 成田線は、エアアジアが1日2便、ジェットスターが4便と、ジェットスターの方が便数が多いためエアアジアよりも使いやすく、福岡滞在時間を長く取る場合、エアアジアの最終便は福岡14:05発と、昼の早い時間帯になってしまうため、エアアジアよりもジェットスターの方が使い勝手が良いということもあり、筆者はエアアジアよりもジェットスターの方が好み。
(搭乗日:2013年1月31日)

本記事は、ブログ「shimajiro@mobiler」さんからご寄稿いただきました。Traicyでは、搭乗レポートを募集しております。