ジェットスター、国内線路線網拡充でリピーター増やす考え=トラベルビジョン伝える

P1050417

ジェットスタージャパンの鈴木みゆき社長が、航空政策研究会が2012年11月30日に行ったシンポジウムで、国内線路線網を強化して国内基盤を強化し、利用者の定着とリピーター化を図る意向を示しました。

ジェットスターは、2013年3月からの夏ダイヤ以降、東京/成田〜大分・鹿児島線や、名古屋/中部〜札幌/千歳・福岡線に参入。

一方で、既存路線は減便を行う路線もあり、路線網は拡張されているものの、利用者の選択肢が狭まっている感じがあります。

さらに鈴木氏は、「LCCは稼働率をあげることで利益を達成する。そこを考慮して(施設使用料などを)柔軟に設定して欲しい」とも述べており、国や空港会社の支援体制にも疑問を投げかけています。

詳細は、トラベルビジョンをご覧ください。

詳細はこちら