春秋航空、上海〜日本線3路線から撤退か?関西線は凍結!=SankeiBiz伝える

08

春秋航空の、王会長が、日中関係の悪化に伴い、上海〜茨城・佐賀・高松線の撤退を検討していると、SankeiBizが伝えています。

同路線は、日中関係の冷え込みから、搭乗率50%台に低迷しており、回復の兆しが見えないことが原因とのこと。

JAL・ANAなどは、ビジネス需要で利用されることが多いですが、春秋航空は同社グループのツアーなどで利用する、観光客が大半となっており、影響は長引きそうです。

インタビューの中では、「上海/浦東〜大阪/関西線は凍結した」と明かしており、「これほどまでに空席が目立つ便は春秋の歴史で初めてのこと」とも述べています。

同社は、東京/成田をハブとした日本国内線への参入を表明しており、日本法人を設立したばかり。日本国内線就航計画に影響があるのかにも注目です。

詳細はこちら