カンタス航空、ボーイング787型機で羽田就航を検討!?

22

カンタス航空は、2013年2月4日、アジア路線の今後の展開について発表を行いました。

同社は、2016年に受領予定のボーイング787−9型機を使用し、羽田・北京・ムンバイ・デリー・ソウルへの就航を検討するとのこと。

同社は、香港やシンガポールを、ヨーロッパとを繋ぐ重要拠点と位置付けており、ラウンジの改修などを進めているほか、アジア路線の拡張を行うと明言しており、羽田〜シドニー線の就航にも期待です。

詳細はこちら