ANA、「787ショック」影響広がる=2月18日までの運航で欠航を決定

P1040426

ANAは、保有するボーイング787型機を、国際線で2013年2月18日まで、国内線で2月12日まで、運航見合わせ期間を延長すると発表しました。

同社発表によると、同型機の運航見合わせにともない、他機種を充当させることで、同型機運航路線以外でも欠航が発生している。

主に、幹線やビジネス需要が高い路線では、同型機から他機種への機材変更を行うことで維持する一方、地方路線や、便数が多い路線から欠航便が出ています。

いまだに事故原因は特定されておらず、影響はさらに広がる可能性が高くなっています。

詳細はこちら