ボーイング787型機、年度内の運航再開は困難か?

P1040214

運航を見合わせている、最新鋭機ボーイング787型機ですが、年度内の運航再開は困難という見通しであると、SankeiBizが伝えています。

ボーイング787型機は、JAL機がボストン空港に駐機中に発火する事故のほか、操縦室ガラスのひび割れ、燃料漏れが相次いでおり、山口宇部発の同型機が、発煙により高松空港に緊急着陸後、非常脱出を行い、その後運航を見合わせています。

従来までは大型機だと赤字となってしまうため飛ばせなかった路線に、燃費効率が良く、長距離線を飛ばす事ができる中型機というボーイング787型機の利点を生かし、ANA・JALは、東京〜ボストン・サンディエゴ・ヘルシンキ・サンノゼ線などに就航、就航を予定しています。

同路線では、当分の間は機材変更や欠航となる可能性があります。

詳細はこちら