成田空港が2012年10大ニュースを発表=LCCや新規路線就航など

P1030998

成田国際空港株式会社は、2012年の成田空港10大ニュースを発表しました。

Traicy配信記事とともに、LCC就航などで日本の空に変革が起きた、2012年を振り返っていきます。

国内線・国際線に LCC の就航相次ぐ

P1050509

ジェットスター・ジャパン(7月3日)、エアアジア・ジャパン(8月1日)が国内線に新規就航。7月以降の国内線旅客数は前年比2倍以上になった。

2012年10月28日には、エアアジアジャパンのソウル/仁川線、11月28日には、同釜山線が就航。また、10月29日には、Scoot(スクート)が、台北/桃園経由シンガポール線に就航しました。

2013年にも、中国・上海を拠点とする春秋航空が日本国内線に就航する予定で、まだまだ目が離せません。

【関連記事】ジェットスターが、日本国内線を1円で2時間限定発売!
【関連記事】エアアジアジャパン、国内線は片道5円、31日午前0時発売!

国際線ネットワークが更に拡充

P1050330

JAL復活の象徴として開設された、ボストン線(4月22日)、サンディエゴ線(12月2日)。さらに、ミャンマーの民主化に伴う需要増に対応して、ANAが開設したヤンゴン線(10月15日)など、新規就航地が増加しました。

【関連記事】ANA、成田〜ヤンゴン線でエコノミークラスを設定=ビジネスジェットを使用

LCC 専用ターミナルの整備を発表

gk2

エアアジア・ジャパン、ジェットスター・ジャパンの新規就航や、他のLCCの参入促進のため、専用ターミナルの整備を決定し、2014年度中に完成を目指している。

現在は、国際線は第2ターミナル、国内線は、同ターミナル南北に新たに整備された、暫定施設を使用。

【関連記事】いよいよ併用開始!成田空港エアアジア暫定施設をレポート!
【関連記事】成田空港に今日オープン!国内線暫定施設を利用してみた!

ビジネスジェット専用ターミナル「Business Aviation Terminal – Premier Gate -」の供用開始

04

3月31日、ビジネスジェットの受け入れ体制を整えるため、首都圏初の専用ターミナルをオープンしました。
 
ビジネスジェット利用者専用施設の整備により、プライバシーの確保、出入国手続きにかかる時間の短縮化が図られ、よりスピーディーなアクセスが可能になりました。

週間発着回数が過去最高を記録(2012 年冬ダイヤ)

P1040498

2012年冬ダイヤで、総発着回数が週4,140 回、国内線発着回数が週810 回、就航都市が、海外99都市、国内12都市の合計111都市、乗り入れ航空会社が79社と、それぞれ過去最高を記録。

2013年4月1日より適用となる国際線着陸料等の改定料金を発表

P10203010

11月13日、オープンスカイを控え、成田空港の国際線ネットワーク拡大及びアジア地域における競争力強化のため、2013年4月より料金改定を発表。
 

国際線着陸料は、航空機の種類に応じて平均 5.5%引下げるほか、国際線手荷物取扱施設使用料は、座席数に応じた多段階の区分見直しを実施、101 席以上の単価を引き下げる。

しかしながら、「遅すぎた 」という声や、さらに値下げを求める声も高まっている。

空港アクセスの改善

ks6

早朝・深夜時間帯のLCC発着便を中心とした空港アクセス改善に対応するため、7月3日より京成バスの「東京シャトル」が東雲車庫・東京駅線。8月10日より平和交通の「THE アクセス成田」が東京駅・銀座駅線、大網・鎌取線。8月17日より東京空港交通が新宿駅線の深夜便運行を開始した。

【関連記事】銀座・東京駅〜成田空港が1000円均一「THEアクセス成田」に乗ってみた!
【関連記事】東京駅〜成田空港が800円!「東京シャトル」に乗ってみた!

デジタルサイネージの運用開始

P1020400

国内最大級となる27面マルチディスプレイ、パノラマビジョンを含む合計100台・336面のデジタルサイネージ“SKY GATE VISION”の本格運用を、6月26日より開始。

さらに、3月21日より、公式スマートフォンサイトを開設。4月1日より、テレビ電話による多言語案内サービスを開始し、6月11日より、巡回案内への「iPad」導入。7月10日には、ターミナル内ナビゲーションアプリ「NRT_Airport Navi」をリリース。

また、出国審査後のエリアで大幅リニューアルが行われ、新店舗が続々オープンした。

航空旅客数が8億人、国際航空貨物量が 5000 万トンを突破

P1020407

航空旅客数が、1978年の開港から33年9ヶ月目に、累計8億人を突破。国際航空貨物量が、1978年の開港から34年7ヶ月目に累計5000 万トンを突破した。

詳細はこちら