エアアジアの中部〜福岡線就航で、成田〜福岡線は減便の可能性

pus5

2012年12月27日、エアアジアジャパンは、中部国際空港への就航を正式に決定したと発表しました。成田に次ぐ第二拠点化を進める予定で、エアアジアXのクアラルンプール線の就航も噂されています。

Aviation Wireによると、エアアジアジャパンの機材数は、2013年3月末の時点でも、現状の3機と変わらない予定とのことで、2013年3月31日の同路線就航以降、東京/成田〜福岡線が、1往復2便減便される可能性があります。

特に、24時間空港の利点を生かした運用を行うとすれば、深夜早朝の成田〜福岡便が減便となる可能性が否めず、その場合は利用者の選択肢が限られてしまうことになります。

しかしながら、中部空港に1機を深夜に駐機させることで、門限ギリギリの遅れが出ている機材を、成田〜福岡線に割り当て、その後最終便として中部空港に飛ばすことができるようになり、門限対策に利用することができるという利点もあります。

エアアジアジャパンでは、2013年3月31日以降の航空券は予約を開始しておらず、2013年1月末の正式発表後に予約を開始するものと思われます。

詳細はこちら