【搭乗レポート】釜山⇒東京(成田)/エアアジア JW884便(エコノミークラス)

P1050539

釜山から帰国するため、エアアジアの釜山~東京/成田のJW884便に搭乗したので搭乗レポート。

チェックインカウンターは「B16-19」

P1050533
 
釜山空港のチェックインカウンターは、B16〜19。

空港に着くのがギリギリで、チェックイン終了間近になってしまっていたので、並んでいる人はいませんでした。

カウンターには、自由に持って行ける、ロッテ免税店の割引クーポン(最低利用金額アリ)があったので、利用しようと思っている人は要注目です。

搭乗券に見覚えある?

BlogPaint

搭乗券は、行きの成田発券のものと違い、エアアジアのプリントがきちんとされています。

この写真に、ピンときた方もいらっしゃると思いますが、これ、大韓航空の搭乗券と配置が全く同じなのです。 

釜山空港でのグランドハンドリングは、大韓航空グループが請け負っているようで、搭乗時のランプバスや、タラップは大韓航空のものを使用しています。

航空券発券のシステムも大韓航空のものを使用していると思われ、紙はきちんと印刷されているものが使われているようです。裏面は免税店の案内だったので、広告収入も得ているんでしょうね。

搭乗ゲートは6番

P1050538

搭乗ゲートは6番で、バス搭乗となります。

ほとんど利用されていないゲートで、使用しているのはLCCのみ。後の2便は、21時台のエアプサン便です。

改札後は、階段を下り(エスカレーターはない)、バスに乗車し、搭乗します。

クリスマス仕様のユニフォーム

P1050542

搭乗したのがクリスマスイブということもあり、客室乗務員はサンタのコスチュームでお出迎え。

離着陸時や、非常設備の案内の際には、きちんと装飾を取っていました。

機内販売などで機内をまわる際には、記念撮影に気軽に応じるなど、エアアジアらしさが感じられたフライトでした。

搭乗率は9割程度

P1050544

チェックイン締切り間近でチェックインしたところ、155番目だったことから、定員180席の9割弱が埋まっていた計算になります。

3連休だから満席ということでもないというのが残念なところ。釜山は、東京からもかなり近い海外の都市ですが、観光施設はあまりなく、カジノや食が観光のメインになっているので、どこまで観光客に魅力があるのは未知数なところもあります。

成田空港でもサンタコスの地上係員がお出迎え!

P1050546

成田空港で待っていたのは、さらに大胆なサンタのコスプレをした地上係員達。

通常より、地上係員の人数が多めで、飛行機をバックにした記念撮影にも気軽に応じていました。

荷物がどこから出てくるのかわからない!

P1050553

バスでターミナルに移動し、入国審査は他の便の乗客はおらず、スムーズに通ることができました。

しかし、預け入れ荷物が出るターンテーブルの案内がなく、乗客はかなり困っていて、係員に詰め寄る乗客もいました。

エアアジアの係員は、電話などでいろいろと確認を取っていましたが、就航から1ヶ月近く経っているのに、不慣れな感じが否めませんでした。

(搭乗日:2012年12月24日)