ANA、着陸の衝撃で変形した機材の定期運用復帰を発表

P1040575

ANAは、2012年6月12日の北京発成田行き、ANA956便が成田空港に着陸する際に強めの接地となり、機材が変形した事故機の修理と検査が完了し、2012年12月26日の成田〜上海便より定期運用に復帰すると発表しました。

事故機は、機体番号JA610A(ボーイング767-300型機)。2クラス制で、アジア路線を中心に運用される見込みです。

詳細はこちら