Scoot、東京以外にも3〜4都市に就航へ=日刊工業新聞伝える

30

日刊工業新聞によると、シンガポールのLCC・Scoot(スクート)は、2014年後半にも、日本就航路線を拡大すると、同社CEOのキャンベル・ウィルソン氏が語ったと伝えています。

同社は、親会社のシンガポール航空を通じて、新型機のボーイング787型機を発注。2014年より20機導入される見込みで、同機を投入すると見られます。

「東京以外に3〜4都市」と語っているとのことで、現在は台北/桃園経由となっていますが、直行便や、他の地方都市からも、シンガポールに行けることになるかもしれません。

詳細はこちら