【搭乗レポート】ソウル(仁川)⇒大阪(関西)/Peach(ピーチ)MM10便(エコノミークラス)

mm1

Peachの国際線、ソウル(仁川)⇒大阪(関西)線の、MM10便に搭乗したので搭乗記。

Peachチェックインに関する注意事項

mm2

Peachのチェックインに関する注意事項として、
  • 出発時刻の50分前にチェックイン締め切り
  • 出発時刻の15分前に搭乗口締め切り
と記載されている。

Peachチェックインカウンターの様子

mm3

仁川国際空港では、Peachのセルフチェックイン機が無いので、チェックインカウンターでのチェックイン手続が必要となる。
※職員に確認したところ、セルフチェックイン機が設置されているのは、関西国際空港のみとのこと。

搭乗券

mm4

チェックインカウンターでチェックイン手続を行った際、出発が定刻よりも20分遅れる旨の説明があり、変更後の搭乗開始時刻が赤書きされた。

搭乗口は113

mm5

チェックインカウンターにて説明のあった通り、定刻より約20分遅れで搭乗が開始された。ボーディングブリッジから搭乗。

機内の様子

mm6

機内の様子は撮影し忘れてしまったけれど、この便の搭乗率は97%程度と、ほぼ満席だった。

搭乗開始が遅れたために『出来るだけ早く到着するように、途中で気流の強いルートを通る』という旨、機長より説明のあった通り、途中揺れが強い区間を通りながらの飛行だった。

定刻23:00に関空に着予定となっていたけれど、実際に到着したのは23:20頃で、駐機場に移動してドアが開いたのは23:25頃。

関西国際空港着陸後、徒歩でターミナルへ移動

mm9

関西国際空港到着後は、徒歩でLCCターミナルに移動した。

2012年11月29日は、Peachの通算搭乗者数が100万人を突破した事が発表された日だったけれど、この日のフライトでは飛行中に関連のアナウンスなどなどが一切無かったのは、寂しいというか、勿体ないなぁと思ったり(^ ^;

(搭乗日:2012年11月29日) 

本記事は、ブログ「shimajiro@mobiler」さんからご寄稿いただきました。Traicyでは、搭乗レポートを募集しております。