春秋航空、日本国内線に参入との報道=成田を拠点

45

中国・上海を拠点とするLCC・春秋航空は、2013年秋を目処に、日本の国内線に参入すると、一部報道がなされています。

春秋航空は、現在成田ベースでの客室乗務員を募集しており、さらに募集人数も多かったことから、中国路線の増便だけではないのではないかと言われていました。

春秋航空は、航空法の外資規制をクリアするために日本企業からの増資を行い、2013年秋に、東京/成田〜札幌/千歳・福岡線などの高需要路線に参入。さらに、2014年には東京/成田〜中国・韓国線に参入を見込んでいるとのこと。

春秋航空は、ジェットスターやエアアジアとは違い、日本就航の国際線では受託手荷物が10キロまで無料。持ち込み手荷物は5キロまでと、ジェットスターやエアアジアよりも厳しくなっています。

詳細はこちら